顔のシミ取る!できれば作らない!

目元

 

 

顔のシミ取る方法をご紹介していますが、できれば作らないようにしたいですね。
できたシミを消すのは手間もお金も時間もかかります(笑) 

 

では、どうしたらシミができにくくなるのでしょうか?そのためには何をすればいいのでしょうか!?

 

■シミの予備軍って何?

 

シミの予備軍とはシミの元になる物質です。
たとえば、紫外線、大気汚染による有害物質、ストレスなどがそれに当たります。

 

これらから影響を受けないでいられる人は残念ながらいませんね・・・
つまり、すでに私たちはシミの予備軍を体に蓄積してしまっているのです!

 

そこで、このシミの予備軍を体から排出することが大事なんですね。

 

 

 

顔のシミ取るためには、保湿も大事です

花

 

顔のシミ取るために美白化粧品を使うのは当然ですが、保湿も忘れてはいけないのです!

 

肌が乾燥していると紫外線の影響を受けやすく、また角質も厚くなってしまいターンオーバーが乱れます。

 

シミを作らない肌のためには保湿が欠かせない、というのが皮膚科専門医の意見なんですね。
シミだけじゃなく、しわやたるみのスペシャルケアをする際も、まずは肌の保湿だそうです。

 

保湿力の高い成分といえば、ヒアルロン酸、プロテオグリカン、生コラーゲンなどが挙げられますね。
また、最近はEGFやFGFなどの最新成分も人気になっています。
日頃のケアでこれらを取り入れていくことが大事だな、と思います。

 

特に肌の乾燥が進み水分がどんどん失われる40代以降には、保湿は必須なのです。

 

 

 

 

お風呂で肌のデトックスをしよう!

お風呂でデトックス

 

昨今は放射能が心配です。首都圏の放射線量などは軒並みアップしていますね。
そこで、お風呂でカンタンにデトックスする方法もおすすめです。

 

できればシャワーヘッドを変えて、塩素などを除去した水でお風呂に入ることがお勧めです。
理想的には家に引き込む水道管の元に浄水装置をつけてしまうのがベストです。
そうすれば、洗顔や手洗い、料理、お風呂など、すべてきれいな水を使うことができるからです。

 

でもなかなかそこまでできな、という方には、重曹と塩を使ったデトックスがお勧めです。
重曹、塩(自然塩)を同量、カップ1杯ほど混ぜたものをお風呂のお湯に投入!これだけです。

 

重曹のパワーは素晴らしいものがあって、放射能などの有害物質を体内から追い出してくれるんですね。
ガンにも効果があると言われているほどで、日常に取り入れたいと思っています。

 

また、塩は精製したものはダメで、海塩などの自然塩を使うことがポイントです。

 

 

私は香りも楽しみたいので、ピュアなアロマオイルを重曹と塩の中に入れてお湯で溶かして使っています。
アロマはお湯に直接入れると分離して混ざらないので、重曹などを一緒に入れて少量のお湯で溶かすことがポイントです。

 

お風呂なら毎日入るし、アロマの香りも楽しめて最高にいい気持です。
また、風呂温度は41度以上にすると体温も上昇して免疫力がアップするんですよ。