シミはどうしてできるのか!?

しみ

 

シミを作らない、改善するためには、まずどうしてシミができるのかを知っておいた方がいいですね。
シミができるメカニズムって、なんとなく知っているようですが、詳しくは知らないこともあるので・・・

 

簡単に言うと、刺激を受けるとシミの元、メラニンが形成されます。
普通はそれが肌の外へ排出されますが、何らかの理由で排出されないとシミになります。

 

こういうことなんですね。

 

 

では、シミはどんな刺激に反応してできるのか、なぜ排出されないのか、ということを見ていきます。

 

 

■ 紫外線の刺激を受けるとメラニンが生成される
  メラノサイトに信号が送られてメラニンが生成されますが、
  これは肌細胞を守るために作られるのです。

 

■ メラニンのある表皮細胞は分裂を始めて上に押し上げられ、28日で外に排出されます
  健康な肌はこの排出がうまくいっているので、シミにならずに済みます。

 

■ 排出がうまくいかないとシミになる!
  この28日周期の排出がうまくいかないと、メラニンが肌に残ってしまい、シミになります。

 

こうしてみると、メラニンは必ずしも悪ものではないことがわかりますね。
肌を紫外線から守るためにメラニンは生成されるのです。

 

ただ、メラニンの排出がうまく行われないことが問題なんですね。

 

 

 

では、なぜメラニンが排出されなくなるのでしょうか?

 

■ 加齢によるもの
  年齢とともに肌の代謝は衰えますね。そうするとターンオーバーのサイクルも乱れてきます

 

■ 有害物質で肌が衰える
  紫外線が強いと肌を攻撃してハリや潤いを奪います。
  衰えた肌はターンオーバーがきちんと行われず、メラニンが定着してしまいます。

 

■ エストロゲンの不足
  睡眠不足は女性ホルモンんのエストロゲンの生成に影響を与えます。
  エストロゲンが足りないとターンオーバーに乱れが出ると言われています。

 

やっぱり紫外線はできるだけ防いだ方がいいということがわかりますね。
家の中まで届く紫外線もあるので、春夏は特にUVケアを怠らないようにしたいですね。
出かけなくても紫外線防止は必ずしなければいけないと思いました。

 

外に出るときは、UVクリーム、日傘など、紫外線対策を何重か行いたいですね!
家の中ではUVクリームだけでOKだと思います。

 

また、肌は夜作られると言われますが、やはり睡眠不足は美肌の大敵!
シミも作ってしまうんですね・・・ できるだけ早寝早起きをして女性ホルモンを沢山生成したいです。

 

 

 

メラニンを増やさないために!

太陽

シミはできてから消すのは大変なことです。まだ若いから大丈夫、と思わずに若いうちからきちんとシミ対策をしておきたいですね!

 

シミを増やさないためには、
・できるだけ紫外線を浴びないようにする
・夜は12時前に寝るようにする
・スキンケアで肌を刺激しないようにする
・ストレス、喫煙に気をつける

 

睡眠時間をきちんと確保していても、夜中に寝ていないと意味がないとか。
宵っ張りを直して早起きにシフトすることがお勧めだそうですよ。

 

また、ニキビなどで肌が荒れているとそれが刺激となってメラニンが溜まりやすくなります。
肌が荒れている時のスキンケアは丁寧にそっとすることが大事ですね。

 

また、最近はストレスがメラニンの原因となることが多いと思います。
適度なストレス解消をして、気持ちを穏やかにすることを心がけたいです。
瞑想やアロマなどが心身をリラックスさせるのにおすすめですね。