妊娠中にシミが増えるのはなぜ?

妊婦

妊娠中は肌の状態が変化することを感じている方も多いのでは?

 

妊娠中はホルモンの影響で、体のいろいろな所に変化が現れます。
肌の黒ずみやシミもその一つです。

 

妊娠中はホルモンのバランスが乱れ、メラニンの元であるメラノサイトの活動が活発になります。
その結果、これまでなかったシミや黒ずみが出てくるそうです。

 

顔のしみのほか、体の他の部分にもシミが現れることがあります。
また、Vラインなどデリケートゾーンが黒ずんでくるケースもありますね。

 

他にも脇の下とかおへその下からデリケートゾーンにかけての直線ラインが黒ずんで目立つことも・・・!

 

女性としてこれはショックですね!!

 

でも、原因は女性ホルモン、エストロゲン、プロゲステロンの活動によるものなので、出産後はおさまってくるものです。
20代の若い女性にもシミができてしまうわけですが、出産後にはおさまってくるという事です。

 

 

あまり積極的なケアはおすすめできない

bath

妊娠中は添加物などを肌につけるのはおすすめできません。

 

皮膚から有害物質を吸収してしまって、内臓にも影響を及ぼす恐れがあるからです。
頭皮を含めた皮膚からの吸収は思ったよりも大きなものなので注意が必要ですね。

 

羊水からシャンプーの匂いがするなどの事実があるので、妊娠前や妊娠中、授乳中は特に注意が必要です。

 

シミには乾燥も大敵です!
妊娠中は肌の保湿を第一に考え、無添加の自然派化粧品などで顔やボディを保湿するのがお勧めです。
そして、出産後になってもまだ黒ずみやシミが気になるようだったら、皮膚科などを訪れたりシミ用クリームを使うといいと思います。