日焼けがシミの原因になります

日焼け

 

日焼けするとそれが後々シミになる、というのはよく知られていますね。
一日少しの時間でもそれが積み重なって何年何十年になると、シミが発生します。

 

シミはできる前に防ぐのがポイントです。
若いうちから紫外線の影響をできるだけ少なくすることが大事です。

 

今は空気中に有害物質が昔より危険な状態にあります。
外出するときは必ずUVケアクリームをして、お化粧をした方が良いと言われますね。

 

それでは、一度受けてしまったダメージを改善することはできないのかというと、そんなことはありません。
ビタミン誘導体というものを摂取すると肌のダメージが徐々に改善され、肌も白くなってくるんですね!

 

日焼けはやけどの一種なので、肌がピリピリするまで焼くのは絶対にNGです。
リゾートに行くときは特に気を付けたいですね。
また、海外でも湿度が低いと暑さを感じにくいため、思った以上に紫外線を浴びてダメージを受けていることがあります。

 

 

日焼けしてしまったら?

日焼け

海や旅行などで日焼けしてしまうと、お風呂にも入れないことがありますね・・・

ぬるいお湯でも肌がピリピリして、とても湯船に浸かれない。これは明らかに焼き過ぎです!

 

顔も洗顔するとヒリヒリしたり、肌の色も赤くなって酔っ払ったようになっていることもあります。

 

まず顔が日焼けして熱を持っていたら、熱を下げることが大事です。
冷たい保冷剤を顔に当てたり、ヨーグルトを使ったパックもおすすめだそうです。

 

ただ、冷やし過ぎると肌のバリア機能が壊れるので、やり過ぎは禁物だそうです。

 

 

化粧品は収れんタイプのものをコットンではたくといいですね。
冷蔵庫で冷やした化粧水を使うのも気持ちいいし、効果があがります。
夏になると火照った肌を鎮める化粧水が出てきますので、そういうものがお勧めです。

 

 

多少の日焼けは誰でも経験があると思いますが、重度の日焼けはやけどと同じ手当てが必要だそうです。
水ぶくれができるようなヒドイやけどの場合は、冷やした後医師に診てもらった方がよさそう。

 

自分でできることは、ともかく冷やすこと!
水風呂に入ったりタオルに巻いた保冷剤などを顔や首に充てるなどができますね。

 

重度の日焼けの時は、素人療法をやるのも控えた方がいいとのことです。
キュウリパックなどはきゅうりに含まれる成分(ソラレン)の影響で、症状が重くなることがあるそうです。

 

 

日焼けといっても侮れないですね。くれぐれも焼きすぎないように気を付けたいものです。
一度ダメージを受けると、完全に元に戻るのは難しいという事なので・・・

 

 

 

メイクは控えめに!

日焼けの程度にもよりますが、洗顔してもしみるくらいのときはメイクも避けた方が良さそうです。
メイクをすればクレンジングや洗顔をしないといけませんよね。それがダメージを受けた肌をさらに悪くします。

 

できるだけほてりや炎症がおさまるまでファンデーションなどで肌を刺激しないことがお勧めです。

 

メイクをするとファンデーションで毛穴をふさいでしまいますよね。あれが鬱陶しいのです。
普段に比べて皮膚呼吸も弱くなっているので注意したいですね。

 

日焼けが改善してきたら、負担の軽いミネラルファンデーションや、BBクリームがいいかな、と思います。
添加物が多いクリームタイプのファンデーションは避けた方が良さそうです。